大腸カメラ/真美ヶ丘(葛城台)にある医院。香芝市・大和高田市・王寺町などからも来院されています。近鉄大阪線五位堂駅から車で5分-くずもとファミリークリニック

 

 

 
トップページ > 検査内容 > 大腸カメラ
 

大腸カメラ (全大腸カメラ及びS状結腸カメラ)

 
大腸は、口側から盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、 S状結腸、直腸と分かれます。一般的に健診などではまず便潜血検査(便に血液が混じってないかどうか調べる検査)がスクリーニングとして用いられます。
もし便潜血検査陽性の場合、また、排便時出血や腹痛症状、便秘や下痢を繰り返す場合、腫瘍マーカーが高値の場合などは、大腸癌や他の大腸疾患を除外するために、大腸内視鏡検査や大腸CTが必要です。 特に、排便時の出血の場合、痔と思っていても大腸がんが潜んでいる場合があります。是非、積極的に検査を受けるようにしましょう!
   

<当院で可能な検査 >
■全大腸カメラ (TCF)
  全大腸の病変の有無を観察することになります。
■S状結腸カメラ (SCF)
  主にS状結腸や直腸を中心に、下行結腸から肛門まで、病変の有無を観察することになります。
■大腸ポリープ切除(内視鏡的ポリープ切除)
  大腸カメラの上、日帰り手術が可能な場合、当院にて積極的に内視鏡的ポリープ切除を施行しております。
 
 
尚、大腸カメラが挿入困難な方には、当院では大腸CTを行うことができます。
  
くずもとファミリークリニック 
内科・消化器科・呼吸器内科・外科・小児外科・肛門科
〒639-0215 奈良県北葛城郡上牧町葛城台3丁目12-22(葛城台バス停前)
TEL:0745-51-3355
copyright 2007 kuzumoto family clinic.All Rights Reserved.